粗大ごみを回収に出す時の注意点

回収しに来る粗大ごみはどうやって出せばいいのでしょうか?基礎的なことなどを公開しています。 - 粗大ごみの分け方と出し方について

粗大ごみの分け方と出し方について

あなたは粗大ごみの分け方と出し方はご存知だろうか。
粗大ごみの収集は基本的に月に1度で、地方自治体や地域ごとによって収集日が違うのである。
回収依頼については電話受付の場合、収集日の7日前まで、インターネット受付の場合は10日前までに申込みが必要である。
自分で処理施設へ持っていくことも可能である。

対象となるもの

30センチ角を超える大型のごみが主な対象である。
回収の手数料は大きさや種類によって異なり、申し込みする際に前もって伝えておく必要がある。
一例として、自転車は500円、布団は250円などである。

注意すべきこと

家電リサイクル法に規定する特定家庭用機器対象品目であるエアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機は、市などの公共では収集できない。
そのため、家電小売店等を経由してメーカーでリサイクルをしているため、メーカーのリサイクル出す必要があるため注意が必要である。

出し方のルール

長さのある物は直径を15センチ以下にしてして、まとめて出す必要がある。
各地域の受付センターへ予約の申し込みをし、その後指定のシールを貼り、指定された時間と場所に搬出を行なうようにしよう。
基本的にリサイクルが出来る物はリサイクルやリユースしよう。
産業廃棄物などの自分ではどうしようもない物ではない、不用品レベルの物は使い回していける方法があるため、出来るだけ物を大切にしていこう。
あなたもごみの出し方を分け方をきちんと理解しておこう。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 粗大ごみを回収に出す時の注意点 All Rights Reserved.