粗大ごみを回収に出す時の注意点

回収しに来る粗大ごみはどうやって出せばいいのでしょうか?基礎的なことなどを公開しています。 - 産業廃棄物の処理方法

産業廃棄物の処理方法



あなたは産業廃棄物の処理方法をご存知だろうか。
毎日の家庭ごみや不用品を捨てることとは違い、これに関しては法律でも厳しく制定されている。
今回のこの処理方法について紹介しよう。

法律について

産業廃棄物の処理の方法には一般ごみの処理とは違った決まり・ルールがある。
それらは、排出者に処理責任があり、これを一般的に排出者責任、または排出事業者責任といい、基本的には自己処理が原則である。
各地方自治体が認めた、産業廃棄物収集運搬業や産業廃棄物処理業の許可を受けた業者にのみ処理を委託することができ、産廃業者に委託する場合には、排出者の責任において、法定の事項を盛り込んだ委託契約を書面で締結するとともに、処理完了を確認するための処理伝票を発行、回収、照合しなければならないという法律があることを理解しておこう。

廃棄物の分類方法

廃棄物には大きく分けて2種類ある。
それは産業廃棄物と言われるものと、一般廃棄物と言われるものである。
前者は爆発性や毒性のある特別管理産業廃棄物である。
後者は事業活動によって生じた事業系一般廃棄物、一般家庭の日常生活によって生じた家庭廃棄物、家電などを含む特別管理一般廃棄物の3つである。
リサイクルできるものでもなく、粗大ごみとして回収できるものでもないこれらはしっかりとした法律に基づいて処理されるため、理解しておくことをお勧めする。
それぞれの違い、分類があるということだけでも理解をしておこう。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 粗大ごみを回収に出す時の注意点 All Rights Reserved.