粗大ごみを回収に出す時の注意点

回収しに来る粗大ごみはどうやって出せばいいのでしょうか?基礎的なことなどを公開しています。 - 不用品の処理方法

不用品の処理方法

どこの家庭にも、もう使うことは無いけれどそのまま残っている不用品があるのではないだろうか。
自分で持ち運びが出来るサイズのものであれば、各地の地方自治体による指定された方法で処分することが可能であるが、物によっては引き取ってもらえない場合があったり、日程に制限があったりと面倒なことが多いのが現状である。
今回はその不用品の処理について紹介しよう。

行政で行なう粗大ごみの処分の仕方

まず地方自治体に処分したい物を伝え、回収の予約をし、それ相応の金額の処理券を購入する。
そこで何時にどこで引き取ってもらうかを決め、指定された日・場所に各自で搬出を行なおう。
このときに大型の物はある程度解体しておいて、引き取り業者がスムーズに回収を行なえるようにしておこう。
実際は自分でやる作業が多く、代わりに搬出してくれるようなサービスも無いため、面倒なことが多いですが、自分で使っていた責任を最後まで全うして欲しいと思う。

民間の回収業者

行政とは相反してサービスが良いのが民間業者です。
民間業者によっては自分の都合の良い時間にあわせてくれたり、重い物の搬出、大型の物の解体をお手伝いしてくれる場合もある。
しかし、アンダーグランドでやっている業者も多く、正規の処分業者であるかどうかを判断する必要があったり、個人情報を所持するパソコンなどを処理するときには細心の注意を払う必要がある。
産業廃棄物やリサイクルできるものとは違い、確実に処分しなくていけない物なため、ぜひ上記のことを知っておくと便利である。

関連記事:

  « 前の記事: を読む  
Copyright(C)2015 粗大ごみを回収に出す時の注意点 All Rights Reserved.