粗大ごみを回収に出す時の注意点

回収しに来る粗大ごみはどうやって出せばいいのでしょうか?基礎的なことなどを公開しています。 - エコ取り組みをしよう

エコ取り組みをしよう

あなたは一人で出来るエコ活動をご存知だろうか。
今やごみを減らすことは一人ひとりの課題以上に国の問題となっている。
一人ひとりの活動の積み重ねが国の結果に結びつくことは平成15年からのごみの量や一人当たりの平均値を見れば一目瞭然である。
今回はその一人でできるエコ活動について紹介しよう。

ごみを減らすためのエコ活動

食材は必要な物だけ買うことを意識し、買いすぎや作りすぎをしないようにしよう。
必要ない物を買ってしまえば、結果的に残ってごみになることを防ごう。
同様に、使おうと思っていても計画性が無いと、賞味期限切れになってしまったり、腐ってしまい結果ごみになってしまうため、計画性を持って食材は使うようにして頂きたいと思う。

不要な物は家に持ち込まない工夫を

例えば街角で配っているチラシを必要でない物までもらっていると、それが募り募ってごみになってしまう。
そのためその場で不必要で判断できる物はあらかじめ手に取らないようにしよう。

使い捨てではなく、使い回しを

今や紙コップや紙皿が100円均一で揃ってしまう時代である。
そのため、洗う手間などを考えたときについ使ってしまいがちであるが、ごみを減らすためにも使い回せる物を買うようにしよう。
粗大ごみや産業廃棄物のような大きなごみではなく、一般的な不用品を減らすことでごみを減らすことが可能である。
これからはリサイクルを中心に、ごみを出さない努力や減らす努力が必要になってくるだろう。

関連記事:

Copyright(C)2015 粗大ごみを回収に出す時の注意点 All Rights Reserved.