粗大ごみを回収に出す時の注意点

回収しに来る粗大ごみはどうやって出せばいいのでしょうか?基礎的なことなどを公開しています。 - 不用品・粗大ごみについて

不用品・粗大ごみについて

あなたは不用品や粗大ごみをどのように処理しているだろうか。
実際にそれが本当に使えないものなのかどうかをきちんと判断することが大切である。
特にゴミの処理に関しては年々ゴミの量や処理費用に関しても下がって来ており、人々の取り組みの成果が顕著にあらわれている。
それで今回は一人ひとりができる小さな取り組みで不用品・粗大ごみが減らすことが出来る取り組み方法や処理方法など、これらについて紹介していこう。

自分に問いかけてみよう

あなたが今から捨てようとしているそれらのごみは果たして本当にもう必要ないのだろうか。
もしまだ使える余地があるのならば修理をして使ったり、誰か欲しいと思っている人に譲ったりすることはできないだろうか。
実際に不用品回収と粗大ごみ回収を行なっている業者にどんなものを回収することが多いかと聞いてみると、再生・再利用が可能なものの処理が多く、まだまだ捨てるほどまでいかないもの多いという。
そのため、あなたが今捨てようと考えているそれらのものは有効活用し、できるだけゴミの減量化に努めて欲しい。

回収に例外あり

不用品や粗大ごみでも回収できない例外も存在する。
それはタイヤ、ドラム缶、仏壇、ピアノ、モーターバイク、バッテリー、消火器、ガスボンベ、フロン類を使用しているものである。
これらのものは一般的な回収は行なっていないため、購入をしたお店かもしくは、専門とり扱い店に相談するほか無い。
上記のものの不法投棄が増えているのはこれらの手間があるからである。
もっと地方自治体が行なえる範囲を増やすことが出来れば、不法投棄が減らせる可能性があるかが、根本的な原因は一人ひとりの取り組み姿勢にあると言えるため、まずはゴミ減らすという心構えを作ることからはじめよう。

粗大ごみの処理券について

粗大ごみの処理券は、各家ので収集を受付センターまで申し込み、必要事項を確認したのに購入しよう。
地方自治体によって置いておく場所が違ったりするため、担当者と相談することをお勧めする。
また、各販売所では処理券の金額についての説明を行なっていない場合があるため、前もって調べた金額をメモしておく必要がある。
ごみを出さないようにするということは生活をしていく上で不可能なことである。
しかし、ごみを減らす努力は誰にでも出来ることであるため、ほんの小さな取り組みでも、一人ひとりが行なうことで大きな結果に結びつくため、あなたの協力が必要不可欠である。

Copyright(C)2015 粗大ごみを回収に出す時の注意点 All Rights Reserved.